アトピー性皮膚炎とは

皆さんはなんらかのアレルギーに悩まされていますか?もっとも多いのはおそらく花粉やハウスダストなどに過敏に反応するアレルギー性鼻炎かと思いますが、日本国内で30%程度の人が何がしかアレルギー疾患を抱えて辛い思いをしていると言われています。
アレルギー性鼻炎のほかにも気管支喘息や食物アレルギー、そしてアトピー性皮膚炎のことも忘れてはなりません。

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気で、肌荒れ具合は見た目でパッとわかってしまう辛さがあるので、思春期世代や女性はとくに、かゆみや痛みのほかに精神的にダメージを受けることもあり、3重苦の大きな辛さを抱えなければならない非常に厄介なアレルギー疾患です。
アトピー性皮膚炎は、肌のかゆみや痛みは想像をはるかに越えるものであり、専用の薬によって一時的にそれを抑えることはできても、症状の根っこから治すことがなかなか難しいのも難敵である理由です。

アトピー性皮膚炎では、湿疹やかゆみが主な症状で悪化するとかゆみが痛みにかわり、処方された薬を使用することでそれが緩和されますが、基本的には症状は環境や季節によって変動します。
さらに悪化すると液体のようなじゅくじゅくしたものが出たり、傷が硬化したりなかなか治りにくいのも難点です。

”慢性的”なアトピー性皮膚炎は、まさに完治することが難しいもので、乳児の場合は2ヶ月以上、小児から成人だと半年以上アトピー性皮膚炎にみられる症状が続き緩和されない場合には、正式に診断されることになります。

アトピー性皮膚炎にかかりやすい人は”アトピー素因”といって、花粉症や食物アレルギーなどといったアレルギー疾患を患う家族がいると、自身もアレルギー疾患にかかりやすいという因子を遺伝で受け継いでいる可能性が高く、このアトピー素因が引き金になっているのです。

Copyright © 2014 アトピー性皮膚炎について All Rights Reserved.